ヒートスリム42℃の口コミ・評判!本当に痩せる?2か月使ってみた。

ヒートスリム42°

執筆者:もなか
秋田県在住の33歳女性。

ここでは、ヒートスリム42℃を約60日間使用した口コミ情報をご紹介します。
使用期間は、2017年11月~2018年4月。

ヒートスリム42℃の満足度は、5段階中4とします。
目標サイズに達しましたので、現在使用はしていません。

詳しくは以下をご覧ください。

ヒートスリム42℃という商品で、私がウエスト&太もも痩せに成功した体験談を今回はご紹介したいと思います。

特に冷え性の人や、ダイエットが面倒で続かなかったり辛くて断念した結果失敗に終わった人にも是非参考にしていただきたい記事です。

貼るだけで全身ポカポカで発汗作用抜群ですよ。
また、デメリットも併せて紹介していきます。

ヒートスリム42℃でウエスト痩せに成功

私はヒートスリム42℃を使って、ウエストが3ヶ月で7センチ細くなりました。

これに味をしめて太ももにもシートを半分に切って貼ってみましたよ。
すると太ももは1ヶ月で4センチ細くなりました。

女性らしさといえば、やっぱり腰のくびれですが恥ずかしながら私は典型的な寸胴でした。

ダイエットを失敗する原因の大半は運動が面倒だったり、つい食べ過ぎちゃうこと。
おまけに私は、かなりの冷え性です。

夏冬関係なしに、常に手や足先だけでなくお腹周りも冷たいです。
そんな私が、美容大国の韓国発のヒートスリム42℃に目をつけて使い始めました。

正直、最初は貼るだけで痩せられるなんて思っていなかったですね。
どちらかというと、冷え性が改善してゆっくり眠れればいいかな程度で購入しました。
それが思った以上の効果を発揮したので、私自身ビックリしちゃったんです。
日本製じゃないけど、特許取得されている商品だから信じてみたのです。

芸能人のSNSでもアップされてるヒートスリム42℃の口コミが良かったのも魅力でした。

ヒートスリム42℃の良い口コミと悪い口コミ

良い口コミ

・練り込まれてるカプサイシンのパワーはヤバイですよ、マジで。
2ヶ月使って5キロ痩せましたよ。
貼ってるだけなに、じわじわ汗が出てきて岩盤浴にいるみたいに体が熱くなります。
心配だったのは低温やけどについてだったけど、仕組み上全くその心配ないことを知りました。

・最初に使った日は本当びっくりしちゃいました。
だって、ただ貼るだけなのに黙ってても汗が出てくるんですから。
例えるなら体の内側から燃えてる!みたいなイメージですね。
冷え性も改善したし、むくみも取れるので私は愛用してますよ。

・ペラペラの薄いシートなのに8時間も持続するってすごいですよね。
私は寝る前に貼って、例えば5時間しか睡眠しなかった日は剥がして再利用します(笑)
空気に触れないように下敷きなんかに貼っておけば、また貼れば使えました。
本当は捨てるべきだけど、8時間経過してないシートなら勿体ないのでプチ裏技です。
蒸れないし薄いから邪魔にならないしgood。

悪い口コミ

・ヒートスリム42℃は植物由来成分で肌の炎症や痒みも研究して作られています。
確かに肌の弱い私でも痒みなどが少なかったですが、長時間つけているとやはり痒くなってきます。
個人的にはそれが一番辛いと感じていますが、体がポカポカして効果はあります。

・安心安全性を最も気にする私ですが、ヒートスリム42℃のは信頼性はあります。
確かに貼るだけで痩せる効果は私も実感したので、それに関しては評価は良いといえます。
でも、やっぱり価格が高いですよね。
8枚で約4000円というのは高すぎる。
長く使うなら家計に響いてくるし2日に1回とされてますが、それでも1袋で半月しか持ちません。

ヒートスリム42℃のメリットとデメリット

メリット

ヒートスリム42℃の口コミでも良くあるのが装着が簡単な所がメリットの1つです。
しかもヒートスリム42℃の厚みは、僅か1mmです。

薄く広い範囲に使用できる上に、温め効果も抜群なのが優れてる点です。
最近ではオシャレ腹巻きも出回ってますが、夏でも着用している女性は増えてます。

なぜなら、夏場はエアコンでお腹だけじゃなく体全体が冷えやすく意外と代謝は悪くなります。

ヒートスリム42℃なら薄着の夏場でも目立たないように使うことができるのです。
しかも、おへそ部分がハート形にくり抜かれてたり可愛いのも魅力です。

ぐるりと貼れるので剥がれたり取れにくいというのもメリットです。
大判サイズだから、カットして太ももや二の腕に使えるのも良い点です。

デメリット

ヒートスリム42℃にはデメリットもあります。

大きなデメリットの一つとして、やはり価格の問題がありますね。
ちょっと高いと感じて購入を見送る人は多いのが現状でしょう。

また、いくら皮膚に優しい仕様になっているとはいえ長時間貼ると痒くなります。
特に弱い人は痒みや肌荒れを引き起こすこともあるでしょうね。

そしてもう一つ、部分用の購入についてです。
私は二の腕を細くしたいのにって人は、お腹用のヒートスリムしか売ってないの?と思いますよね。

実は部分用は、お腹用の通常のヒートスリム42℃を買った人だけに買う権利が与えられるのです。

つまり、初回のみだけでもお腹用のヒートスリム42°を買わなければ部分用を購入できないのです。

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの比較

実はヒートスリム42℃を購入する前に試した商品があります。

それはスリムインナーパッチという商品で、同じ効果を期待する商品なです。
形状も使用されている成分にも大きな違いがありますので詳しく見ていきましょう。

ヒートスリム42℃

価格:3980円
内容:8枚入り

比較する商品名:スリムインナーパッチ

価格:2980円
内容:15枚入り

付け心地の違い

私自身の感想ですがスリムインナーパッチは形状が私には合いませんでした。
分かりやすくいうと、カイロみたいに四角いコンパクトな形をしていて、それをお腹に貼ります 。
取れやすいというのと、薄く広範囲に貼るタイプではないので付けていると逆に気になります。
確かにお腹に付いている間は体が温かくなる感覚はありました。
でも寝ている間だと寝返りで取れてしまうし、日中貼れば動いている内に取れてしまいました。
これは一体いつつければいいの?と思って使わなくなりましたね。
そして一番気になったのは、貼った後に粘着物が残って皮膚が一気にかぶれたということです。
その点ヒートスリム42℃は、そんな心配なく使えたので私には合っていたようです。

成分と持続時間の違い

ヒートスリム42℃はカプサイシンが脂肪を燃焼させる仕組みです。

また、パッチ自体が温かくなるわけではないので低温やけどの心配はありません。
パッチに含まれるカプサイシンが脂肪自分解させることで熱を発し代謝を上げます。

温熱効果は8時間持続で、大判のパッチがお腹周りに効率良く作用します。

一方、スリムインナーパッチは16種類の和漢を使ったパッチです。

広範囲に貼るタイプのものが嫌だという人にはコンパクトなのでオススメです。
24時間効果が持続するのも特徴です。

ヒートスリム42℃まとめ

痩せたいけど運動はしたくない、する時間がないという人は世の中に沢山います。
ヒートスリム42℃はお腹周りに貼り付けるだけで脂肪を燃やしてくれます。

食事制限や運動は、なかなか行動に起こせないですが貼るだけなら本当に簡単ですよね。
勿論、暴飲暴食はいけないことだけれどヒートスリム42℃は効果的にサポートします。
また、私のように冷え性の人にもオススメですよ。
冷え性の人は代謝が下がり、知らず知らずの内に太りやすい体質になっています。
ヒートスリム42℃で代謝を上げ、痩せやすい体を作ってみませんか。